槇尾山から猿子城山

日付:2008年3月2日 場所:槇尾山、猿子城山 メンバー:Tino 
槇尾山公園口駐車場(9:00)〜槇尾山頂付近〜ボテ峠〜猿子城山頂(12:00)〜十五丁石地蔵〜トラ尾〜五つ辻〜公園口駐車場(13:45)

朝起きれば天気良し、風も無し。
最近はスキーも含めて雪の積もっている山ばかり見ていたので、3月になった事だし、そろそろ雪の無い山も歩きたい。
と言う事で、いつもの裏山(槇尾山)へのんびりと車を走らせる。
朝8時過ぎに出発、途中のコンビニで食料を仕入れ、駐車場で準備を整えて午前9時に歩き出す。
しかしこの時点では、まだどのコースを歩くか決めていない。
たまには施福寺参道の階段を上り、施福寺から山頂に向かおうかと考えながら歩いていたのだが、前方を見ればバスから降りたばかりの参拝客が沢山。
そこで急遽コース変更し、バス停横から登る事にする。
いつもの植林つづら折れコースを歩きながら、まず蔵岩に行こうか山頂に行こうかと考えながら歩き続ける。
蔵岩への分岐まで来たところで、ほぼ無意識に山頂方面へと足を運んでいたので、それに従う。
暫く歩いていると、まだ歩いた事の無い分岐を発見し、迷わずそちらを選ぶ。
この山は地図に載っていない小道が沢山あり、大体歩く度に1度や2度は迷っているので、知らないルートに入り込んでも特に気にならなくなっている。
歩いているうちに知っている道に出るだろうと言う緊張感の無い山歩きなのだが、それでも万一の為に引き返すルートだけは確認しながら歩く。
尾根道あり直登ありのなかなか楽しい道だが、気になるのは猪のハミ跡。
このコースに入ってからというもの、とにかく至る所、そこらじゅうにハミ跡が沢山ある。
数日前のものと思われるものから、比較的新しいものまで数え切れないくらい。
猪とばったり遭遇する可能性は少ないだろうが、周囲には自分以外誰も歩いていない場所だけに、やはりあまり気持ちのいいものでは無く。
軽く怯えながら歩く事1時間、突然見知った道に合流した。
なるほど、ここに出るのか。
さて、ここからどこに向かおうか。
とりあえず近畿自然道に合流し、山頂への取り付きへ向かう。
歩いているうちに気が変わり、ダイトレを滝畑、岩湧山方面へ歩こうと方針転換。
結局見飽きた槇尾山頂はスルーし、まだ歩いた事のないダイトレ最後の区間を歩き出す。
この道は結構楽しい道で、程よく整備されていながら自然もしっかり残っており、綺麗な沢や滝などもある楽しい道だった。
しかしダイトレを歩いているのはいいが、この時点でまだ行き先が決まっていない。
滝畑まで行って岩湧山を登るつもりで歩いていたが、またここまで帰ってくる事を考えると、少し時間が遅い気がする。
追分で休憩し、地図を眺めて考える事数分。
眺めるうちにボテ峠まで歩いて猿子城山に登るルートが目に止まり、ここを歩こうと決める。
歩き始めて約2時間、ようやく本日の明確な目的が決まった。


朝9時、いつもの公園前駐車場にて。


まだ歩いた事の無いルートに踏み込む。 猪のハミ跡がそこら中に。
ちょっとビビりながら歩く。



近畿自然歩道とダイトレとの分岐。


歩きやすく楽しい道。
追分では沢の音が心地良い。


ボテ峠に到着。
ここでダイトレを分かれて猿子城山へ。

近畿自然歩道とダイトレとの分岐から約2キロでボテ峠に到着。
ここから道なりに1.7キロで滝畑だが、ここでダイトレと別れ、小さい尾根を登る分岐に取り付く。
周囲は雑木林で冬枯れの時期だけに見通しは悪くない。
しかし登山者も少なそうな道だけに、夏場は結構な籔歩きになるのかも。
尾根歩きとはいいながらも、結構な急登になっている。
ボテ峠477Mから猿子城山710Mまで、高度差230Mを尾根伝いに詰めて行く道で、息切れして立ち止まる事数回。
少し傾斜が緩やかになったと思ったら、何とも冴えない山頂にあっさりと到着。
見晴らしは良くないし山頂は狭いし、ここで昼食にしようという気にもならず、写真だけ撮って先へ進む。
少し下って登り返し、平坦な道を歩けば近畿自然歩道の十五丁石地蔵に到着。
ここを右へ行けば槇尾山、左へ行けば三国山。
この道は何度も歩いているので、ここから先は気分的には消化試合。
膝は今の所大丈夫、今年はあまり痛くならないので嬉しい。
景色を見るでもなく、色々と考え事をしながら歩いていると、あっと言う間に槇尾山の周回コースに合流。
右へ行けば施福寺方面、左へ行けば五つ辻方面。
ここも半ば無意識に五つ辻方面を選択。
猿子城山頂が思ったよりつまらなかったので、まだ昼食を食べていない。
適当に見晴らしの良い場所でザックを降ろし、おにぎりだけを食べる。
カップ麺も持ってきたのだが、ここまで帰って来て腰を据えて食べる気にもならず、10分程で再び歩き出す。
もはや何度も歩いている道なので、特筆すべき景色もコースも無く、明日の仕事の事などを考えながら淡々と歩き続ける。
トラ尾で少し休憩し、五つ辻で写真を撮り、根来谷を黙々と下る。
公園口駐車場に帰ってきたのは午後1時45分。
4時間45分の山歩きだった。


ボテ峠から猿子城山への道。
基本尾根道だが結構な急登が続く。

ひたすら登る。 あっけなく到着、猿子城山頂710M。
見晴らしは良くない。



山頂から20分程歩き、十五丁石地蔵。
ここから近畿自然歩道。
道も整備されている。


所々に残雪も。 帰り道、いつものトラ尾で休憩。



トラ尾からの景色。
霞んでいるが天気が良いので心地よい。


五つ辻に到着。


後は根来谷を下って帰るだけ。

今回は特に目的を決めていた訳では無いが、まだ歩いた事の無かった猿子城山に登る事が出来たので、結果的に有意義な山歩きだったか。
標高600Mを越えると日陰では残雪も残っていたが、穏やかで日差しも優しく、もう春が近いと思える今日の槇尾山だった。
最近は膝の調子も悪くなく、今年は少し歩く距離を伸ばしてみようか。


Back  Home

inserted by FC2 system