八ヶ峰家族旅行村

旧名田庄村(現在はおおい町と合併)の山奥にあるキャンプ場です。
現地に至るまでに一部細い道もありますが、全体的には走りやすい道です。
ここ名田庄村は、水上勉作品の挿絵でも知られる渡辺淳画伯が、若い頃から好んで風景を書いた場所です。

京都との県境、名田庄にあるキャンプ場です。
施設内にはバンガローもあり、古民家に泊まる事もできます。
いわゆる高規格キャンプ場ではありませんが、結構好きです。


川沿いにサイトが長く伸びています。
目の前が道路になっている場所もありますが、
この先には間何も無いので
車は施設関係者が殆どです。


管理棟付近の川。
この辺りは釣堀になっています。
売店や風呂もこの付近に集中。
バンガロー。
2段ベッドがあるだけですが、
値段も安いので十分か。
サイト横を流れる川です。
かなり上流部になるので、大人が泳ぐ深さは無し。
小さな子供は安心して遊ばせられます。


川向こうにはちょっとした広場も。
それ以外にも色々遊びの施設もあります。

民家に宿泊できます。
田舎に帰った気分が味わえるとか。
料金もリーズナブルなのでこれも楽しいかも。
素朴な雰囲気漂うキャンプ場でした。
大げさなキャンプ道具を持ち込んで凝った料理を作るキャンプより、
昼は虫採りに川遊び、子供とたっぷり遊んで夜はバーベキュー。
そんなスタイルが似合う場所でした。

Back  HOME

inserted by FC2 system